エボラ出血熱のアメリカ国内初の患者が死亡!!!

2014/10/09

エボラ出血熱アメリカ エボラ感染者死亡
画像はhttp://www.nydailynews.comより
アメリカでエボラ出血熱の感染が確認された1人目の患者が現地時間の2014年10月9日の朝7時51分に死亡したと治療していた病院(Texas Health Presbyterian Hospital)が公式ウエブサイトで発表した。
エボラ出血熱の感染が拡大しているアフリカ以外の国で確認された初のケースとして各国のニュースで大きく取り上げられていたのは今月に入って直ぐのことだった。
死亡が確認された患者のThomas Eric Duncan氏(42)はエボラウイルスの感染が拡大されているリベリアから先月の22日アメリカにいる家族と会う為に入国したがわずか2週間あまりで事態が大きく動いてしまいました。アメリカは初めてだったそうです。
病院では隔離されていたとのことだがアメリカに到着してから感染が判明されるまでの7週間あまりに接触した家族の人も含めて100人以上の人についても現在検査中とのことです。
またアメリカ国内ではThomas Eric Duncan氏が意図的にエボラウイルスを感染させた疑いも浮上しており、調査中というニュースも流れているようです。
Duncan氏と接触の有った家族の人の感染は確実視されている。そうすればその人数は一気に上がることになる。その人々も社会と関わりながら今まで生活しているし、感染病の恐ろしさはここなんです。最新ニュースによればスペインでも感染の疑いがある人がいるなど事態は深刻さを増している。エボラウイルスが日本に入ってこないという保証はない。個人個人がエボラウイルスから身を守る方法やウイルス感染に関する最新情報に関心を持つべき時が来てしまった気がする。