野菜や果物のPLUコードの意味

2017/01/11


スーパーで販売されている野菜や果物にシールが貼られています。番号が書かれています。

pluコードシールです。番号気になりませんか。

すごく気になるので調べてみた。

4桁、4桁からなるこの番号はPLU codeと呼ばれている。

果物や野菜がどのような行程で作られたかを示している。

遺伝子レベルでもの性質を変えて作られた遺伝組み替え作物(GMO:Genetically modified organism)なのか、農薬など使わずに土本来の力を借りて有機栽培したものなのか、あるいは農薬使って栽培したのか。

番号が4桁であれば


番号が4桁であれば、農薬を使って栽培したことを示す。

土作りからでも農薬使っていればこの種類に入る。栽培中に虫などがつかないように、環境変異で腐らないように農薬を使って栽培することで安定して生産したいという狙いがある。

ただ、科学的な物が体に入るのでちょっと抵抗あるのが事実だ。


番号が9で始まっていれば


番号が9で始まっていれば有機栽培したことを示す。

土作りでも農薬を使っていないことが必須。

農薬を使っていない、遺伝子組み換えではない分デリケートに作る必要があるので値段が若干高くなるが体に優しいということがユーザが好むところだ。

値段が高いと言っても100円に収まるので有機栽培を食べた方が良いですね。


番号が8で始まっていれば


番号が8で始まっていれば種から遺伝子組み換えという方法で栽培されたことを示す。

食料不足に備えて考えだされた方法ですが健康にどのような影響を与えるのか心配なのが事実だ。

日本にはあまり見かけませんが中国、アメリカ、南米では問題になりSTOP GMOという運動にまで発展しているようだ。


果物や野菜を購入する時にPLUコードのシールを見てください。

体にいい物を選ぶのが一番です。