FIFAワールドカップ、我が日本がまけた(グループリーグ敗退)

2014/06/25

2014 FIFA World cup Japan team
日本がコロンビアに4対1で負けました。これで日本のワールドカップは終わり4年後のロシア大会を待つことになりました。何が足りなかったのか。試合を見ていて一番感じたのは、日本が一番得意はずのチームプレーがあまりできていない。攻撃でも守備でも。ゴール前まではボールを運べるがゴール前での選手同士の助け合いがみられなかった。お互いの間隔が遠いのでパスも通らない。そこでボールを奪われてカウンタ攻撃を受けてしまう。それが失点に繋がってしまう。精神的に一番落ち込む弱点だと思いますね。日本には得点力がある選手沢山いますが彼らを行かせられなかった。もちろん相手チームの守備が固かったのもあると思いますがそれを崩すような駆け引きであったり、相手のディフェンダーを引き付けてボールがわたる選手にフリーな状態をつくってあげるなど今までできていたことができなかった。また、日本チームは点を取られたら積極性を失ってしまう。
守りたいのか攻めたいのか次のプレーの方向性がみえてこない。本大会前の強化試合で2本逆転で勝ってはいるがまだ実力として根付いていないかなと思いました。コロンビア戦の場合、勝たないと敗退が決まるのでリスクを起こしてでもせめて欲しかったですね。気候の特徴もあり体力的に厳しかったと思うが相手も同じことだからそこを乗り越えられるか乗り越えられないかが世界との差になるんですかね。もう一つ感じたのは負けた2試合とも相手の中心選手1人に負けてしまった気がする。途中出場ながら試合の流れを変えてしまう相手選手の上手さもあると思うが試合前から入ってくることは予想できたことなのでもうちょっと上手く対策を取っていたらなとただ悔しいですね。日本チームはチームとしてまだ若い。成長していることは確かです。当たり負けもしなくなりましたし体力では十分世界に通じると思います。海外でも沢山の選手が評価されて活躍しているし、個人の力は確かに上がっていると思います。今回のこの悔しさを次ぎに行かしてもっと強いチームになって欲しいな思います。頑張れ日本!