Mac のOS X Mavericks、アップグレード前に必読!

2013/10/26

米Appleの新製品発表会が終わり数日が経ちました。新型iPad airが注目を集めているが、何と言っても高機能性を持ちながら無料でそして簡単にインストールできるOS X Mavericksに興味をお持ちの方は少なくはないでしょうか。
機能性、動作の安定性、パフォーマンスそしてソフトの美しさはMacユーザに限らずパソコンユーザには非常に期待されている。それに、今までの品質を保ちながら消費電力が少なくなり、経済的且つエコにやさしい面も持ち備えているのが一つの特徴でもある。
新しい機能、楽しみ方などについて詳しく知りたい方Appleの正式なサイトをチェックして下さい。では、OS X Mavericksのインストールを考えている方の為にアップグレードするに当たり事前にするべき事について海外の技術者がメディアを通して報じたことをお伝えしたいと思います。 インストール前に下記の5つのステップ順でアップグレードに準備すれば間違いないでしょう。
1.自分のMacパソコンの仕様、スペックを確認すること
まず、自分のMacがOS X Mavericksが動く最低限のスペックを持っているか確認することが重要。OS X Mountain Lionが正常に動作するスペックのマシンであればOS X Mavericksも問題なく動作するとAppleが正式に報じている。2007年半ばに発売されたiMac、2008年後半から販売されたMacBook Airs、2009年頭に発売されたMac Miniが最新OSと互換性があり問題なく動作するそうだ。また、OSがダウンロード/インストールされる際にインストールできるパソコンであるかApple Storeからチェックすることで混乱を起こさないようにしているという。
2.自分のMacパソコンのHWやSWの問題を解消すること
定期的なフリーズ、アプリケーションや全体システムのクラッシュがおきたことある、ユーザアカウントの不具合により各種情報共有サービスなどへログインできなくなたことある、又はハードウエア的に周辺機器やインターネットと接続不可能になったことがあるなど既におきた問題をインストール前に直しておくことが重要。特にソフトウエアの問題は、アップグレード時に新OSに移ってしまう可能性もあるので注意しないといけない。ハードウエアおよびソフトウエアの問題を解消してからアップグレードするのがベストだ。
3.基本メインテナンスタスクソフトを実行し、問題あれば修復しておくこと
HDDに対してメンテナンスタスクソフトを実行しておくことが重要。MacパソコンをSafeモードでBootし、ディスクユーティリティを使ってHDDのエラーチェックを行うこと。もし、問題が見つかったらOS X Recovery HDパーティションでRebootし(スタートアップ時、Command-Rボタンを長押する)、そこでディスクユーティリティの修理タスクソフトを実行しておくと良いでしょう。
4.Third-partyソフトウエアをアップデートすること
Third-partyソフトウエアが全てアップデートされているか確認し、必要な場合アップデートしておくことが重要。また、それらのソフトウエアがOS X Mavericksと互換性があるか開発者/団体に確認してみるのもいいでしょう。
起こりがちなことですが、OSのアップグレードが完了した後、以前正常に動作していたプログラムが正常動作できなくなったりすることがある。これは、プログラムが最新版にアップデータされたいないか、もしくは完全にOSと互換性がなくなったことが原因であるケースが多い。なので、OSのアップグレードの前にプログラムのアップデータが必要か、OS X Mavericksで動作できるかを確認しておくと安全です。
5.バックアップをとっておくこと
これは一番大事なことだ。パソコンに保存されている、今まで作ってきた作品、重要なドキュメント、好きな映画や音楽、大事な写真などを守る為に復元可能にバックアップとっておくことが重要。
バックアップするにはAppleのTime Machine又はサードパーティシステムコロンツールなどあります。バックアップは1回ではなく2回以上とっておくことを進めする。バックアップとっていれば、必要であればOSのクリーンインストールもできるようになる。または、念の為、外部HDんもバックアップとっておくとさらに安心でしょう。

上記で述べた事前準備が全て終わったら、安心してMac App StoreからOS X Mavericksをダウンロード、インストールができる。すばらしいOS X Mavericsを思う存分楽しんで活用してください。