2014/03/27

人の目を見ればある程度のことは察知できる。真剣なのかそうではないか、嘘ついているか真実を言っているか、興味を持っているか持っていないか、好きか嫌いかなどなど。もちろん完璧に分かるまでは無理だが人と接する上で必要最低限ヒントになるような情報は得られる。言うまでも無いが人の観察力によって得られる情報も違ってくる。また、人の目はその人を特定できる一番の有力情報とも言われる。もちろん、ここでも観察力によって差が出てくる。では、あなたの観察力はどうでしょうか。下記は最近テレビによく出てくる人や誰もが知っている有名人の右目の部分です。どれだけ観察力を持っているか自分を試してみて下さい。
誰の目なのか分かりましたか。観察力のある人にはだれなのか顔がすぐ浮かんでくるはずです。ここでちょっとまめ知識。
人の脳は左と右半球に分かれている。右の半球が体の左部分をコントロールし、左半球が体の右の部分をコントロールする。これは目にも同じく右目が左脳、左目が右脳の働きによって機能するようだ。さらに、ご存知の、左脳は論理思考、言語分析、計算を基に人間を行動させようとする。その働きが右目にも影響するのでひと処理を加えた目、落ち着いた目つきや視線になるそうだ。つまり考えた上での表情とも言える。一方、右脳は想像力、芸術性やセンス、感情、直感などに対する働きをするので反応が左目にすぐ現れるそうだ。つまり、正直な反応と言える。
”目は心の鏡”ということわざがある。正しく言えば、”左目は心の鏡”だったんですね。
答えはこちらへ:目:答