有名会社のロゴに隠された意味

2014/03/25

有名会社のロゴには人の目を引くような魅力がある。見てすぐ分かるようなロゴもあるが会社の特徴や歴史、ビジョンなどを示した隠された意味を持つのもある。では、誰もが知っている有名会社のロゴに隠された意味を探ってみよう。

Vaio
Sonyのパソコンブランド。"VA"は正弦波の波でアナログを、"IO"は1と0でデジタルを意味している。合わせればデジタルとアナログの示している。 また、"VAIO"は"Visual Audio Inteligent Organizer"の頭文字でオディオ、ビデオ機能を重視した製品作りを目指していたことを表している。
こちらも是非:Sonyの現状を1000文字で表すと
日本が世界に誇るパソコンブランドだったが今年で生産が中止することになっている。

Apple
iPhone、Macなどを作った会社。かまれたリンゴ。そして色。ニュートンがリンゴが木から落ちるのを見て万有引力を発見したことをちなんでリンゴにしたようだ。かまれる理由は英語のbite(かむ)がコンピュータのデータ容量単位のByteと発音が同じことからきている。また別の説では、聖書に出てくる知恵の木のリンゴを食べる、つまり知識を取得するという意味合いもある用だ。色は光に含まれる色を示している。また、なぜかこの色が同性愛者のシンボル色になっているらしい。
これはニュートンがリンゴの木の下に座っている絵で、スティブジョブス氏がデザインしたAppleの初代のロゴだそうだ。
Mercedes benz
陸、海、空を表す3つポイントの星を表している。元々ライバル関係にあった2つ会社Benz & Cie. とDaimler Motoren Gesellschaft (DMG)が1928年に合併して作られた自動車メーカ。
Audi
1932年にDKW、Horch、WandererとAudiという4つの会社が合併して作られた自動車メーカ。4つのリングは合併した4つの会社を表している。
Reebok
南アフリカの言葉であるアフリカンス語でRhebokとスペールされる一種のガゼルの名前からきたようだ。下記はRhebokガゼルだ。
その名前が1960年に変わって現在のReebokになった。ガゼルの敵から身を守る最大の武器はその素早い動きと速さ。Reebokはスポーツ用品メーカであり、その特徴にちなんでつけた名前のようだ。
Volkswagen
ロゴをよく見ると上に"V"、下に"W"がある。Volkはドイツ語で民族とか国民という意味、Wagenもドイツ語で車という意味。合わせる"国民の車"という翻訳が出来る。まさしく誇り高きドイツ国民の車だ。
Toyota
2つの長円形はお客さんとToyotaの信頼感を表しており、Toyotaの頭文字であるTの字になっている。そしてアルファベットのTOYOTAになっている。
1936年、初代トヨタが発売されることになり、今までのロゴの代わりもっとスピード感を与えるようなロゴというテーマでロゴ作成コンテストを開いた。そして以下のロゴに変わった。
大きく変わったのは創業当時のToyodaという名前からToyotaにかわったことだ。その理由は「トヨダ」より「トヨタ」の方がすっきり見える上、「トヨタ」の線の数が8本であり縁起がいいというだったそうだ。
IBM
横8本の線、青色。International Business Machineの略。青色のIBM社の正式な色のようだ。横線はスピードとダイナミックさを表している。
Adidas

スポーツ用品メーカ。3本のストライプは山を表しており、目標に向けて努力するという意味を表す。Adidasという名前は創業者であるAdolf "Adi" Dasslerという人の名前からきている。
Amazon
笑顔のように見えるがよく見る矢印が「a」から「z」をさしている。あらゆる物を売るという会社の理念が現れたロゴになった。
BMW
最も議論を呼ぶロゴの一つ。世界第2次大戦中、軍事用飛行機のエンジンを作る会社がBMWの元になっているという歴史がその原因だ。真ん中の丸いはプロペラを示している。その中の青色は空を表しているようだ。
Nike

古代ギリシャでは英雄達に勇気を与えるシンボルとなっていた勝利の神様のNikeの羽を表している。1972年初めてこのロゴを使ってから現在に至る。下記は、Nike勝利の神様の銅像である。