エコフレンドリーなスマートフォン

2014/07/06

皆がエコを考えるべき時です。ソニーモバイルのエコ活動について知ったことをきっかけにエコフレンドリーな話題のスマートフォンを調べてみました。皆が知っているスマートフォンでばっかりですがそのエコへのこだわり、端末の特徴、環境保護へのメーカさんの貢献や努力は意外と知られていないですね。環境への意識が高まっている今、製品のアピールポイントとして上げても十分価値ある宣伝になると思いました。ではどのようなスマートフォンがエコフレンドリーなのか知った情報を共有しようと思います。読み終わった後、あの端末へ向ける目が変わると思います。

1.  iPhone 4S, iPhone 5
アメリカの環境、健康研究グループHealthyStuff.orgの調査によればAppleのこの2台の端末には有毒性の科学物質が少なく含まれたということで健康への悪影響が少ない端末のランキングの上位に入っています。Appleはリサイクル工場があることは有名です。また環境保護に対する明確な宣言もあり徹底して守ることで環境改善に貢献している。
2.  Samsung Galaxy S4
Samsungも環境への意識が高い会社です。それは有名なGalaxy S4でも現れた。まず、端末の紙ボックスと説明書は完全なリサイクル紙で作られているようだ。
galaxy S4紙ボックス
これだけでも大きいだが驚くのが端末の裏蓋がソーラーバッテリになっているところだ。充電もはやい上、非常に少ない電力を使う。これらの特徴が評価されて独立安全調査、認定機関であるUL(Underwriters Laboratory)の最上位認定であるPlatinum Certificationを受けてエコフレンドリースマートフォンとして正式に認められた。また、IT関連製品の環境への影響を評価するもう一つの機関であるTCO Developmentからスマートフォンとして初めてTCO Certificationを受けている。環境への素晴らしい貢献だと思います。Galaxy S4を使ってみたことあるが確かにバッテリ0%の状態から起動出来る状態まで非常に速かった記憶があります。

3.  Sony Xperia P, Sony Xperia U
xperia P
ソニーモバイルにはGreen Heartというコンセプトがある。2009年からスタートした環境に優しい製品を作るという約束を掲げた活動ですね。内容を見てみると説得力があります。そのコンセプトをはじめて形にしたのはXperia PとXperia Uのようです。100%リサイクルプラスチックを使用しているそうだ。プラスチックをリサイクルすることで石油系プラスチックの使用を削減する貢献があります。また水性ペインティングを採用することで油性ペインティングを作る際に排出される揮発性有機化合物(Volatile Organic Compounds)という有害物質を減らすことに繋がる貢献になるそうです。バッテリ技術力も進歩させたことで省電力という大きなステップを踏んだとアピールしている。
さらにパッケージングを小さくすることで1回の運送で以前より多くの端末を運べる。これによりに二酸化炭素排出量減少に貢献する。紙やCD ROMの説明書より端末に説明アプリケーションを予め入れることで資源を節約出来るという貢献しているようだ。部品に使う銅の量を極力減らす、リサイクルした部品を再利用するなどXperiaの次世代の端末でもそのコンセプトがさらに豊かになって製品作りに活かされている。

上記で述べた活動は一つ一つ細かいようだが地球を守るという意味では大きいな貢献に繋がっているに違いない。このような素晴らしい活動はもっともっと広がって行くことを期待するばかりです。消費者としても環境に優しい最先端の技術を使う、最高の気分を味わえることは間違いないでしょう。