プロ並みに作業をこなせるキーボードのショートカットキー集(Windows版)

2014/03/06

パソコンが日常生活に欠かせないものになった今、小さな操作の違いが大きな時間短縮につながってくる。片手をマウスにおき、手をキーボードとマウス間で移動させながら作業すると単純に手を運ぶ移動にかかる時間も含めて、かなりの時間ルーズになる。
こちらも是非:Macの12つの便利ショートカットキー(キーボードだけで操作可能)
もう知っていると思うがPC操作にはキーボードだけでほぼ全ての処理を可能にするショートカットキー操作という方法があります。覚えておけば作業短縮や効率化に必ずつながる方法だ。
20%短縮なのか、30%なのか50%なのかあなた次第。これらのショートカットキー操作があります。
  1. CTRL+C :コピー
  2. CTRL+X:切り取り
  3. CTRL+V:貼付け
  4. CTRL+Z:取り消し
  5. DELETE:削除
  6. SHIFT+DELETE :削除対処のファイルなど削除後にゴミ箱に残さないで削除
  7. CTRL押しながら ドラッグ操作:選択されたアイテムをコピー
  8. CTRL+SHIFT押しながらドラッグ操作:選択されたアイテム(ファイル、フォルダなど)へのショートカットを作成
  9. F2キー:選択されたアイテムをリネミングする
  10. CTRL+右矢印 :ポイントされている文字列の次の文字列へ移動
  11. CTRL+左矢印:ポイントされている文字列の前の文字列へ移動
  12. CTRL+下矢印:ポイントされている文字列の下の行へ移動
  13. CTRL+上矢印:ポイントされている文字列の上の行へ移動
  14. CTRL+SHIFT+任意の矢印:テキストブロックをハイライトする
  15. SHIFT+任意の矢印:複数のアイテムを選択可能になる
  16. CTRL+A:全ての選択
  17. F3キー:ファイルやフォルダを検索
  18. ALT+ENTER:選択されたアイテムのプロパティ(特性)を表示
  19. ALT+F4:アクティブ状態のアイテムを閉じる。または、アクティブプログラムを停止する
  20. ALT+スペースバー:アクティブウインドウのショートカットメニューを開く
  21. CTRL+F4:アクティブドキュメントを閉じて、複数のドキュメントを同時に開くことが可能になる
  22. ALT+TAB:開いているアイテム間に移動。複数のウインドウが開いている状態であれば、一つのウインドウから別のウインドウに移動
  23. ALT+ESC:開いているウインドウ間により直感的に移動。瞬時に画面移動
  24. F6キー: ウインドウのレイアウト間で移動
  25. F4キー:マイコンピュータのアドレスバーを表示
  26. SHIFT+F10:選択されたアイテムのショートカットメニューを表示
  27. ALT+スペースバー:アクティブウインドウのシステムメニューを表示
  28. CTRL+ESC:スタートメニューを表示
  29. ALT+メニュー名の下線のある文字:メニューを表示
  30. F10キー:アクティブプログラムのメニューバーを選択。この状態で矢印ボタンを押せばその方向にメニュー移動、またはサブメニュー表示
  31. F5キー:アクティブウインドウを更新する
  32. BACKSPACE:マイコンピュータまたはウインドウエキスプローラの1つ上階層のフォルダを表示
  33. ESC:タスクをキャンセル
  34. CD-ROMを挿入しながらSHIFTを押す:CD-ROMを自動的に再生
有名なブラウザ、Internet explorerでの操作を便利にするショートカットキー:
  1. CTRL+B: お気に入りダイアログボックス表示 dialog box)
  2. CTRL+E:検索バーを表示
  3. CTRL+F:Findユティリティを開始
  4. CTRL+H:履歴バーを開く
  5. CTRL+I :お気に入りバーを表示
  6. CTRL+L: Openダイアログボックス表示
  7. CTRL+N:同じURLで別のブラウザインスタンスを開始
  8. CTRL+O:Openダイアログボックスを開く。 CTRL+Lと同じ。
  9. CTRL+P:印刷ダイアログボックスを表示
  10. CTRL+R:現在のWebパージを更新
  11. CTRL+W:現在ウインドウを閉じる
今回はここまでにします。是非使ってください。
TO be continued...