FIFAサッカーワールドカップ(ブラジル大会)、全32チームのユニフォーム

2014/06/10

サッカーワールドカップ開幕までよいよい3日をきりました。参加する国々の本大会前の最終のテストマッチが終わり本格モードに入っている。日本も本大会前の3試合を勝ち星で飾って気持ちよく挑むことになる。けが人もいるができることは十分やれたと思います。期待が膨らむ。さて、前回はサッカーワールドカップ歴代正式ロゴ集歴代正式ボール集をまとめました。今回は大会に出場する全32ヶ国のユニフォームをまとめてみようと思います。国の特徴も現れるし、一番目につく物でもあります。出場する32ヶ国の内、10ヶ国がNIKEのユニフォームを採用し、9ヶ国がADIDAS、8ヶ国がPUMA、残り5ヶ国がLOTTO、MARATHON、BURRDA、JOMA、UHLSPORT社のユニフォームを身につけて大会に臨む。各会社が一番のできを披露するのでユニフォームの世界大会とも言える。次の4年のユニフォームファッションのスタンダードにもなる傾向があるので非常に興味あります。ではどのようなユニフォームが本大会を色付けるだろう。
A Group
1. ブラジル(BRAZIL)
2. クロアチア(CROATIA)
3. メキシコ(MEXICO)

4. カメルーン(CAMEROON)
B Group
1. スペイン(SPAIN)

2. オランダ(HOLLAND)

3. チリ(CHILE)

4. オーストラリア(AUSTRALIA)
C Group
1. コロンビア(COLOMBIA)


2. ギリシャ(GREECE)


3. コートジボアール(IVORY COAST
4. 日本(JAPAN)
D Group
1. ウルグアイ(URUGUAY)
2. コスタリカ(COSTA RICA)
3. イングランド(ENGLAND)
4. イタリア(ITALY)
E Group
1. スイス(SWITZERLAND)
2. エクアドル(ECUADOR)
3. フランス(FRANCE)
4. ホンジュラス(HONDURAS)
F Group
1. アルゼンチン(ARGENTINA)
2. ボスニア・ヘルツェゴビナ(BOSNIA and HERZEGOVINA)
3. イラン(IRAN)
4. ナイジェリア(NIGERIA)
G Group
1. ドイツ(GERMANY)
2. ポルトガル(PORTUGAL)
3. ガーナ(GHANA)
4. アメリカ(USA)
H Group
1. ベルギー(BELGIUM)
2. アルジェリア(ALGERIA)
3. ロシア(RUSSIA)
4. 韓国(KOREA)
ユニフォームはホームとアウエー用、最低2色準備する必要があるがサブで他の色も着用可能。サッカーは90分間走り続けるハードなスポーツなので軽くて通気性が良い方が選手から最高のパーフォマンスが期待出来る。競り合いが多く激しいスポーツでもあるので転ぶ、ぶつかる、引っかかることしょっちゅうあるので非常に丈夫な素材を使わないといけない。それぞれのメーカが研究を重ねてたどり着いた独自の技術を採用している。