噂のiPhone6に期待すること

2014/09/07

Appleが新製品発表イベントまで後2日をきりました。どんな製品が目玉になるのか注目されている中、Appleと言ったらまずiPhoneが頭に浮かぶ。タッチスクリーンが携帯端末に初めて採用されたのはiPhoneだった、アプリという形で必要な機能を追加するという考え方が発足したのもiPhoneだった。そしてAppleの全収入の半分以上がiPhoneの売り上げだという位だからいかにiPhoneが重要視されるのがわかる。
今回のイベントで新型iPhoneがお披露目される可能性が高いと海外の有力インターネットメディアが報じている。iPhone6と名付けているところがほとんどですね。では、iPhone6にはどのような特徴が有るのか期待も含めてインターネット中心で噂されていることをまとめてみようと思います。

iPhone6の画面が大きい
iPhone6は5.5インチになるという噂があります。iPhone4が3.5インチ、iPhone5Sが4インチの画面なのでサイズにはかなりの差がありますね。iPhone4以来採用しているRetinaディスプレイを使うだろうから画面がデカイ分奇麗な画像が楽しめることになる。この特徴のもう一つのメリットは人の目に優しいというところです。Retinaディスプレイは解像度が高いので滑らかな画像や動画を写すことが出来る。なので目のピントを合わせるのに目が疲れにくくなります。一台のスマートフォンでメールやインターネット、写真など全てをこなせることになるので長時間の使用が前提になってきますから目が疲れにくいというのは欠かせない条件ですね。

画面は頑丈になる
iPhone6の画面にサファイヤグラスが採用されるという噂があります。サファイヤグラスはダイアモンドの次に入る硬くて丈夫な素材なので傷がつきにくい、割れにくいという特徴があります。Appleがさらに強化したサファイヤグラスを開発しており既にiPhone5のカメラレンズ、iPhone5Sのホームボタン(フィンガープリントスキャナ)に使用している。ただ製造にはコストがかかるそうなので端末本体の値段にも当然反映されるくる。Retinaディスプレイもそうですが、お金を犠牲にして品質を選ぶかというところですかね。

無線通信がもっと身近に使えるようになる
iPhone6にはNFC技術(Near Field Connection:近距離無線通信)が採用されるという噂があります。NFCはSonyとPhilipsの共同開発により誕生し国際標準規格になった技術です。その名の通り10センチほどの近距離でNFC搭載の端末同士をかざすだけでデータ通信が出来るので作り方次第で様々な使い方が考えられる。既に日本では電子マネー、プリペイドカード、会員や学生カード、各種端末同士のデータの送受信(スマートフォンに保存されている写真をOne touchでハードディスクがあるTVに送信して大画面で楽しむ)、データバックアップなどで活用されている。iTuneやAppleStoreでの買い物や財布携帯として使った情報が専用のアプリで管理することで色んな便利さや可能性が広がってきそうですね。

基本ソフトウエア(OS)の改善
Appleは最新OSのiOS8をこの秋にリリースすると公式サイトで報じている。まだ開発途中のようだが、iPhone6にはこの最新版のOSが搭載されるでしょう。公式のプレビューをざっと見ると、一般人のアプリケーション開発にAppleから制限していたツールをよりオープンにすることで今まで開発者が出来なかったことが出来るようになる。そうすると開発者達がより豊かなアプリケーションを作ることができるのでスマートフォンの可能性がどんどん広がる。ハードウエアで実現していたことがソフトウエアでも可能になり得るのでコストの削減にも繋がる。これは大きいですね。また、健康管理のアプリケーションが充実されているようです。運動中に集めたデータを自分でコントロールするだけではなく簡単に友達やトレーナーやお医者さんと共有出来るようになるそうです。これは使えるツールになりそうですね。UIデザインはiPhone5Sと同じくフラットなので開放感があり、見やすいですね。フィンガースキャナーは使い勝手がいいと評判いい。このままにiPhone6にも採用されるでしょう。もうひとつ、今iCloudに保存されたデータがハッカーにより流出されている問題が話題になっている。本来はなってはいけないことですが改善が必須です。より強化されたiCloudが期待できる。その他、いろんな機能が追加提供されるようなので詳しくはこちらの公式サイトを参照して下さい。

防水本体
iPhone6を防水対応にして欲しいですね。どれだけの人がスマートフォンを水に落としているでしょうか。ちょっと水に濡らしただけなのに動きがおかしくなったという声も少なくないと思います。使い勝手を考えると防水対応の端末の方が求められている。Xperia、Galaxyなど既にライバル端末は既に防水に対応した端末を次々に発表している。防水対応のどんな端末があるのかこちらのページを参照して下さい。ユーザとしても端末選ぶ時に無くてはならない条件の一つになりつつある。技術的にもう楽にできると思うがiPhone6に採用されるのか。

記憶容量増量、電池長持ち
大体の人は一台の端末を色んな目的で使っている。写真、動画、ウエブコンテンツなどデータはどんどんたまります。ウエブコンテンツを閲覧したり、映画見たり、ゲームや音楽楽しんだりすると電池も直ぐ切れてしまうのが現状です。これも期待するところですが記憶容量が64GBの一つ上が有ればいいかなと思っている。電池の長持ちも改善余地があると思うのでもうちょっと改善してほしいところです。もしくは無線充電器を付属品としてつけるとユーザが助かると思いますね。